文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

保育園の遊具の隙間に首挟まり、ぐったりした2歳男児を発見…意識不明の重体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
保育園の遊具の隙間に首挟まり、ぐったりした2歳男児を発見…意識不明の重体

男児の首が挟まった遊具の隙間(矢印部分)を確認する県警の捜査員(14日午後、岡山市北区で)

 14日午前10時10分頃、岡山市北区富原の認可保育園「第二さくら保育園」で、同園に通う市内の男児(2)が、園庭の遊具の隙間に首が挟まった状態でぐったりしているのを保育士が見つけた。男児は救急搬送されたが、意識不明の重体。同園によると事故当時、園庭では保育士3人が男児を含む17人の園児を見守っていたという。岡山県警は、業務上過失傷害容疑で当時の状況や管理体制を調べる。

 県警の発表によると、男児は午前9時50分頃から2歳児クラスの園児と園庭で遊んでいた。事故があった遊具は、ジャングルジムに滑り台やうんていが取り付けられた構造。男児の姿が見えないため、保育士が捜したところ、首が遊具の隙間に挟まっているのを見つけた。

 園によると、遊具の下を三輪車で通って頭をぶつけそうになる園児がいたため、通れないように園が仕切り板を取り付けていたという。男児が挟まっていたのは仕切りの上部の隙間だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事