文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米ボーイング、従業員12万5千人に接種義務付け…順守しなければ「解雇される可能性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ニューヨーク=小林泰明】米航空機大手ボーイングは13日、米国内の従業員約12万5000人に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付ける方針を明らかにした。12月上旬までに接種証明書の提示を求める。

米ボーイング、従業員12万5千人に接種義務付け…順守しなければ「解雇される可能性」

コロナワクチン

 米メディアによると、ボーイングは社内向けに「要件の順守が雇用の条件」と説明し、「要件を満たせない従業員は解雇される可能性がある」と言及しているという。

 米国ではIT大手などで従業員にワクチン接種を義務付ける動きが広がっている。ユナイテッド航空が、従わなかった従業員の解雇手続きを進めるなど、厳しい措置に踏み切る例も出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事