文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

洗口液と間違え、手指消毒のアルコール配布…児童24人全員はき出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新潟市教育委員会は13日、市立内野小学校(新潟市西区)で1年生24人が虫歯予防のための「フッ化物洗口」を行った際、誤って手指消毒用のアルコールを配布し、15人が頭痛や喉の痛みなどを訴えたと発表した。医療機関で手当てを受けたが、症状が重い児童はいないという。

 市教委によると、同日午前8時25分頃、学級担任がフッ化物を含んだ液体を紙コップに入れて児童に配布する際、誤って近くにあった手指消毒用アルコールを入れて配った。洗口後に担任が誤配布に気付き、児童24人全員がはき出した。

 同小では週1回、フッ化物洗口を行っている。今後は、作業台に不必要なものを置かないことや、洗口前に液体のにおいを確認することなどの再発防止策を徹底するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事