文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

10~20代男性、「念のために」ファイザー製推奨の方向…モデルナ製に心筋炎の恐れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、若い男性にごくまれに心筋炎や心膜炎が起こる恐れがあるとして、厚生労働省は、10、20歳代の男性には米ファイザー製の接種を推奨する方向で検討を始めた。15日に開かれる専門家部会に諮る。

10~20代男性、「念のために」ファイザー製推奨の方向…モデルナ製に心筋炎の恐れ

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 厚労省は未接種の場合だけでなく、1回目にモデルナ製を打った場合にも、ファイザー製の接種を勧める方向で検討を進めている。

 9月12日までの副反応疑いのまとめでは、モデルナ製接種後の心筋炎・心膜炎は10歳代男性で100万人あたり21・6件、20歳代男性で同17・06件報告されている。ファイザー製では10歳代で同1・87件、20歳代で同13・08件で、モデルナ製の頻度が高かった。

 今月1日に開かれた専門家部会は、モデルナ製についても、心筋炎などの頻度が低いことから「ワクチン接種のメリットの方がはるかに高い」との見方を示していたが、厚労省は「念のために」と、ファイザー製推奨の検討を始めた。

 海外では、スウェーデンがモデルナ製の30歳以下の接種を停止し、デンマークは18歳以下はファイザー製に一本化するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事