文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

エッセイスト 小島慶子さん

一病息災

[エッセイスト 小島慶子さん]ADHD(2)「何度言っても遅刻」と叱責され、ふて腐れて余計に怒られ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ADHD(注意欠如・多動症)だと知らなかった若い頃、普通のことがなぜできないのかと、自分を責めてばかりいた。

 TBSのアナウンサー時代、伊豆大島行きの飛行機に自分だけ乗り遅れ、ロケ隊を何時間も待たせてしまったことがある。

 スケジュールの管理が苦手。「だらしない」「何度言っても遅刻する」と 叱責しっせき されては、自暴自棄になってふて腐れ、余計に怒られる。悪循環だった。

 一方で、何かに集中すると、文字通り寝食を忘れてしまう。原稿を書き始めて気が付いたら朝になっていたことも。何も食べずに痩せ細り、過労で倒れたことも何度かある。

 ADHDの診断を受けて良かったのは、それが理由かもしれないと考えることで、周囲に説明しやすくなったことだ。

 例えば、マネジャーには、本当の集合時間よりも早い時間を教えてくれるように頼んでいる。

 「『一度言ったから、たぶん大丈夫』だと思わずに、『決して私を信用しないで』とお願いしてます」

 家庭でも、何かに集中している時に話しかけられると、何も覚えておらずに家族をよく困らせた。

 2人の息子は、大学生と高校生。「今は、『ママにはこんな特徴がある』とよく分かってくれていて、助かっています」

エッセイスト  ()(じま)(けい)() さん(49)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

エッセイスト 小島慶子さん

最新記事