文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

正常眼圧緑内障 失明が怖い

 60歳の夫が今春、「正常眼圧緑内障」と診断されました。どのような病気か教えてください。眼圧が正常な場合も、最後は失明してしまうのでしょうか。日常生活で気をつけるべきことはありますか。(60歳女性)

点眼薬続け、定期的な検査を

福地 健郎 新潟大学眼科教授(新潟市)

 緑内障は目と脳をつないでいる視神経が、眼圧(眼球内の圧力)の影響を受けて障害されて視野が欠ける病気です。様々なタイプがあり、眼圧が正常範囲にもかかわらず起きた場合に正常眼圧緑内障と呼びます。

 正常眼圧であっても、まず眼圧を下げる点眼薬を用います。眼圧を下げることで、多くの場合、進行や悪化を遅らせることができます。点眼薬を使っても視野欠損が悪化する場合は手術を勧めることがあります。

 緑内障は必ず失明する病気ではなく、適切な治療や管理を続けることで、軽症のまま症状を自覚することなく一生を過ごす人もたくさんいます。ただ、進行や変化の速度には個人差があります。次第に不自由を感じる人もいます。現在の緑内障の状態、今後の見込みについて、主治医に説明してもらってください。

 点眼薬の使用を決められた時間、方法で続け、眼科で定期的に診察と検査を受けることが最も大切です。

 正常眼圧緑内障を早期発見するには、目の奥(眼底)の視神経の状態を写真で確認する必要があります。眼底撮影を含む健康診断や人間ドック、もしくは、年1回、眼科を受診して検査することをお勧めします。

 生活習慣の影響は解明されていませんが、最近の研究では、太りすぎもやせすぎも、血圧の高過ぎも低過ぎも緑内障に良くないというデータがあります。ほかの多くの病気と同様に、バランスの取れた健康的な生活を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。