文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

ショッピングカートから落ちた1歳8か月女児 急性硬膜外血腫で救急搬送…深刻な事態につながる「高さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

フローリングとクッションマットで異なる傷害リスク

 転落して受傷した場合、重症度が高いのは頭部外傷です。転落事故が起きている身の回りの代表的な製品について、カタログや安全基準などをもとに転落する高さの最小値と最大値を調べ、各製品から転落した場合の頭部傷害のリスクを計算したコンピューター・シミュレーションがあります。重篤な頭部傷害が発生するリスクの評価にはHIC値を用い、日本の3歳児モデルが使用されています。下図は、代表的な製品から転落した場合の危険性について、子どもが衝突する床の材質がフローリングの場合とクッションマットの場合とで比較した図です。

ショッピングカートから落ちた1歳8か月女児 急性硬膜外血腫で救急搬送…深刻な事態につながる「高さ」

 この図から、身の回りの製品ごとに頭部傷害のリスクが大きく異なること、同じ製品群でも形状などが異なり、転落の高さが変化するために頭部傷害のリスクが異なっていること、HICが1000を超える重篤な頭部傷害が発生する可能性がある製品が数多くあること、床材を変更することで傷害リスクを大幅に減少させることができることがわかりました。

頭部外傷や手足の骨折 医療機関は虐待を疑う

 乳児が転落したとき、周りにいるのは保護者一人だけの場合が多く、他に現場を見ている人はいません。近年では子どもへの虐待の事例が多発しており、乳児が頭部外傷や手足の骨折で受診した場合、医療機関では虐待を疑います。これは、社会で子どもを守るために必要なこととなっています。

 虐待を疑われると、子どもに対して眼底検査や全身の骨X線検査が行われ、医療関係者や児童相談所からいろいろと詮索されたり、警察の事情聴取や現場検証が行われたりする場合があります。これまでのデータから、転落したとき体にどのような衝撃が加わり、どのような傷害を受けるのかはすでにわかっています。また、保護者らが虚偽の説明をする時のパターンもほぼわかっています。虐待を疑われて、このようなことに巻き込まれないためにも、安全性が確保されている製品を使い、前もって乳幼児に安全な環境を整備しておく必要があるのです。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事