文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

鳴りやまぬ電話、職場で夜明かし…憔悴しきった保健所職員ら「終わりの見えない仕事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの対応に追われる東京都中野区の保健所に長期間、密着したドキュメンタリー映画が、地元映画館で上映されている。濃厚接触者の調査や自宅療養者の健康観察などで疲弊する職員の姿を生々しく映し出し、未曽有の危機と 対峙たいじ した保健所の実態を描く異色作だ。

鳴りやまぬ電話、職場で夜明かし…憔悴しきった保健所職員ら「終わりの見えない仕事」

新型コロナウイルス対応に当たる保健所に迫った映画の一場面(制作会社のピース・クリエイト提供)

 映画は「終わりの見えない闘い 新型コロナウイルス感染症と保健所」。初の緊急事態宣言解除後の昨年6月から、2回目の宣言期間だった今年3月までを150時間にわたって記録し、1時間40分にまとめた。

 カメラは、終電を逃して職場で夜を明かしたり、鳴りやまない電話の前で食事をとったりする職員を追い続ける。 憔悴しょうすい しきった職員の「終わりの見えない仕事をずっとしている」という言葉はタイトルにもなった。

 メガホンをとったのは、障害者福祉などをテーマにした作品を手がけてきた宮崎信恵監督(79)だ。「今の状況を記録に残したい」という保健所の意向を知った帝京平成大ヒューマンケア学部(東京)の工藤恵子教授が両者をつないだ。

 映画は「保健所の奮闘は医療現場ほどクローズアップされることは少ないが、感染拡大防止と命の とりで として果たしている役割は大きい」というナレーションで結ばれる。「コロナとの闘いは、保健所の重要性と、体制の 脆弱ぜいじゃく 性の双方を浮き彫りにした」と語る宮崎監督は、「現場の声を聞き、一人一人が解決策を考えるべきだ」と話す。制作にはクラウドファンディングを通じて400万円以上の支援金が寄せられたという。

 問い合わせは映画館「ポレポレ東中野」(03・3371・0088)。

 

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事