文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

一元的に感染症対応を担う「健康危機管理庁」の創設を目指す…岸田内閣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
一元的に感染症対応を担う「健康危機管理庁」の創設を目指す…岸田内閣

記念写真の撮影に臨む岸田首相(前列中央)と新閣僚たち(4日夜、首相官邸で)=泉祥平撮影

 4日に発足した岸田内閣がまず直面する課題は、新型コロナウイルス対策となる。岸田首相は感染再拡大の抑制を図りつつ、今後の感染症対策のため、政府の体制強化を図る考えだ。対中国を念頭に経済安全保障を重視し、国内の経済政策では所得再分配に軸足を置いた政権運営も行う。

■3閣僚に指示

 岸田首相は4日の記者会見で、ワクチン接種と医療体制の確保、検査の拡充などコロナ対策の全体像を早急に示すよう山際経済再生相ら3閣僚に指示したことを明らかにした。菅内閣での新型コロナ対応について、「徹底的に分析し、何がボトルネックになっていたのか検証する」と述べた。

 菅内閣では、コロナ対応を担う複数の関係閣僚の情報発信により混乱が生じた。岸田内閣でも山際氏が前任の西村康稔氏と同様にコロナ対策を担当し、ワクチン接種関連は堀内ワクチン相が担う。山際、堀内両氏と後藤厚生労働相、松野官房長官らの間の役割分担と連携が課題となりそうだ。

 中長期的には、ワクチン確保を巡る混乱や、病床確保が進まなかったことの反省から、感染症対応を一元的に担う「健康危機管理庁」(仮称)の創設を目指す。人の流れの抑制や病床確保などを迅速に行えるよう、国と地方自治体の権限強化も図る。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事