文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

エッセイスト 小島慶子さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[エッセイスト 小島慶子さん]ADHD(1)約束の時間を勘違い、場所を忘れ…「何て駄目人間なんだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 40歳を過ぎて、軽度のADHD(注意欠如・多動症)と診断されたことを、ウェブのエッセーで2018年に公表した。

 ADHDは発達障害の一つで、生まれつきの脳の機能障害が原因と考えられている。不注意な行動や落ち着きがないことなどが特徴とされる。

 診断のきっかけは、30歳代の頃から、理由もなく不安に襲われる不安障害の治療のために、精神科で定期的に受けていたカウンセリングだった。

 「子どもの頃にこんなことで苦労したとか、今はこんな困りごとがあるという話をしていたら、主治医が発達障害も専門にしていたということもあり、気づいてくださいました」

 約束の時間を勘違いしたり、場所を忘れてしまったりと、スケジュール管理が苦手。「普通できるでしょ」と言われるような簡単なことでも、自分はとてもエネルギーを使って集中しないとできない。「何て駄目人間なんだ」と、ずっと自己嫌悪を感じていた。

 ADHDだと分かったことで、必要以上に自分を責めなくなった。困りごとに対して、具体的にどう対処するかに考え方を切り替えた。「診断を受けて、自分としては本当に『助かった』という感じです」

 自分が語れるのは、あくまで自分だけの経験にすぎないが、ADHDや発達障害について、少しでも社会の理解につながればと情報発信を続けている。

エッセイスト  ()(じま)(けい)() さん(49)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

エッセイスト 小島慶子さん

最新記事