文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「やぶ医者」実は名医のブランドだった…地に落ちた名声の理由、常識覆す語源説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 落語などでも有名な「やぶ医者」。風が吹くと やぶ が揺れ、風邪が 流行はや ると、評判のよくない医者にも患者が押し寄せるとの 洒落しゃれ から「薮」、呪術を用いる「野巫」、田舎者を指す「野夫」……。どれも「やぶ」と読むが発祥には諸説が入り乱れ、まさに<薮の中>。多くは腕の悪い医者の代名詞だが、その“常識”を覆す語源説が兵庫県 養父(やぶ) 市に伝わるという。はたして真相は……。(小坂渉)

語源の地

 養父市で6月、今年で8回目となる「やぶ医者大賞」の受賞者が決まった。いずれもへき地などで人々に寄り添いながら奮闘する北海道と滋賀の医師2人だ。

 大賞は、市が地域医療の担い手をたたえようと創設。ただ、その命名は思いつきのだじゃれではない。「やぶ医者」とは名医を指し、その語源の地が養父との説に由来するという。

俳文集に記載

「やぶ医者」実は名医のブランドだった…地に落ちた名声の理由、常識覆す語源説

「風俗文選」を手にする谷本さん

 「根拠は、これです」

 市教委文化財専門員の谷本進さんが見せてくれたのが「風俗 文選もんぜん 」。江戸中期に俳人・松尾芭蕉の門弟・森川許六(1656~1715年)が編さんした俳文集だ。

 「世にやぶ医者と呼ばれるのは……」で始まる一節に登場するのが、「但州養父」(現在の養父市)に隠れ住む「良医」。いまわの際の病人をたびたび回復させ、教えを請う者は全国に広がったと。まさに名医の〈ブランド〉だったのだ。

 その名声が、なぜ地に落ちたのか。

 「弟子と名乗って、おざなりな治療で金儲けに走る者が続出したためです」と谷本さん。不届き者のせいで「腕の悪い医者」に転じてしまったというわけだ。

 ともあれ、その名医説こそが、古里をこよなく愛する養父市民にとって“常識”に近い。ただ、かつて、養父に本物の名医がいたことは、あまり知られていない。

実在していた?

 許六と同じ時代に生きた長島的庵(=秀世、1647ごろ~1723年)がその人。

id=20211004-249-OYT1I50057,rev=5,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

長島的庵の養父母の墓(養父市の龍蔵寺で)

 徳川幕府が大名などの系図をまとめた「寛政重修諸家譜」や郷土史家の研究では、祖父も父も、養父(ここは「ようふ」と読みます)も医者とされる。養子に出された養父で腕を磨き、江戸に戻って幕府に仕えるまでに上り詰めたという。

 「『文選』のくだりと的庵の姿がだぶりますね」と谷本さん。両者の関連は定かではないものの、名医説は、いつから地元で知られていたのだろう。

 今から半世紀以上も遡る1966年、「平成の大合併」前の旧養父町広報紙で、「文選」を引き合いに、その説が展開されている。

 92年には、町史の編さんにあたった元教師・大橋如生さん(故人)が町文化協会報に書き残し、3年後に発行された町勢要覧のほか、地元ゆかりの人や著名人に委嘱した「やぶ大使」にも紹介されている。これまでに地元の<誇り>として何度か脚光を浴びてきたようだ。

みんなの宝物

 だからこそ、「やぶ医者大賞」には地元の思い入れ、敬愛の念がこもる。受賞する「良医」も北海道から九州までと全国区に育ってきた。

 その表彰式には、受賞者の患者やお年寄りら多くの応援団が駆けつけ、「みんなの宝物」などと横断幕を掲げつつ“おらが先生”に感謝と祝意を届ける。

 そして、表彰式でかつて披露されたのが「やぶからぼう(薮から棒)たいそう」。医者だけに頼らず、自ら元気に長生きを――という、ご当地体操だ。お年寄りが「養父から命輝いて~~」と棒を手に、生き生きと楽しみながら健康寿命を延ばしている。

 「やぶ医者=名医」の真偽も医師の少なさも、まとめて笑い飛ばしてしまうかのような「やぶ」のしゃれっ気とたくましさ。くだんの良医も、雲の上でたまげているに違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事