文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

[意思決定]面会制限2<5>看取りの重要性は不変…自治医科大学 教授 田中大介さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[意思決定]面会制限2<5>看取りの重要性は不変…自治医科大学 教授 田中大介さん

1972年生まれ。三菱商事、東京大学などを経て、2020年より現職。専門は文化人類学。フィールドワークを基に、死を巡る問題や現代の葬儀について研究する。

 入院や入所をしている肉親と面会できず、 看取みと りもできず、新型コロナウイルス感染症で亡くなった後は遺体に対面できず、拾骨(骨揚げ)もできない。こうした事態に直面した遺族は、二重、三重にこころの傷を負います。

 コロナ禍の第1波が日本を襲った昨年3月下旬、タレントの志村けんさんの死や家族の姿がメディアで報じられ、社会に大きなインパクトを与えました。

 目の前にある遺体はモノ(物体)ではない。コロナに感染した遺体も、人格がある存在です。にもかかわらず、遺族が死を受け入れるプロセス、言い方を変えれば、大切な人が死者になっていくプロセスを経験できず、しかもその存在がモノのように扱われる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事