文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

【独自】テレビ局員の自殺「長時間労働が主な原因」、遺族に報告…パワハラ行為も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 フジテレビ系列の岡山放送(岡山市)に勤務していた30歳代の男性社員が7月に自殺し、同社が「長時間労働が自殺の主な原因だった」として、遺族に経緯を報告していたことがわかった。同社は幹部社員らの処分を検討している。

 同社や関係者によると、男性社員は7月、岡山市内で自殺。社内調査の結果、直前の6月14日~7月5日、100時間以上の時間外労働をしていたことがわかった。また、上司による過度な 叱責しっせき など、パワーハラスメントとみられる行為も確認された。

 男性社員は報道部門の記者だったが、2020年春にバラエティー番組などを制作する子会社に出向。長時間労働に加え、不慣れな仕事も重なり、思い悩む様子が増えたという。

 岡山放送の中静敬一郎社長ら幹部が9月20日頃、遺族のもとを訪れ経緯をまとめた報告書を渡した。27日には社員らを前に「若く優秀な社員の命を守ることができず、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事