文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

大阪府、認証店で午後8時半まで酒提供を解禁へ…緊急事態解除で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府は28日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、緊急事態宣言が解除される来月1日以降、府の感染対策に関する認証を受けた飲食店は、午後8時30分まで酒の提供を認めることを決めた。府内では約2か月ぶりに酒の提供が解禁されることになる。

大阪府、認証店で午後8時半まで酒提供を解禁へ…緊急事態解除で

大阪府庁

 府の認証制度で「ゴールドステッカー」を取得した府内全域の店舗が対象。1グループ4人以内、提供時間は午前11時~午後8時半までにするよう求める。営業時間は現行よりも1時間延長し、午後9時までとする。

 ステッカーを取得していない店は酒の提供を自粛してもらい、午後8時までの時短営業を要請する。

 百貨店や映画館など大規模商業施設には午後9時までの時短営業とともに、人数制限の措置を取る協力を求める。

 吉村洋文知事は会議で、「府民の命を守るためにも感染の急拡大は防がないといけない。段階的な緩和が重要になる」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事