文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[意思決定]面会制限2<4>ルール作り 患者ら参画を…東北大学准教授 田代志門さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今年7、8月の「医療ルネサンス」など、病院の「面会制限」を巡る一連の記事を興味深く読みました。

[意思決定]面会制限2<4>ルール作り 患者ら参画を…東北大学准教授 田代志門さん

1976年生まれ。国立がん研究センター生命倫理部長などを経て、2019年から現職。専門は医療社会学、生命倫理学。著書に「死にゆく過程を生きる」など。

 患者の状況に合わせて面会条件を細やかに変える、緩和ケア病棟の試みに感心しました。他方、高齢男性が「面会禁止」だと知らされず、1か月、孤独に入院する実態もありました。

 面会は、患者の医療やケアの根幹に関わる不可欠な要素で、治療のオプションでも 贅沢ぜいたく 品でもありません。会うことの意味を大事だと認識すれば、対応は患者本位になります。

 逆に、面会を治療の「おまけ程度」と考えている病院にとっては、その対応は業務のノイズになり、「患者の納得を十分に得る必要はない」となります。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事