文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

東ちづる まぜこぜのススメ

医療・健康・介護のコラム

画面狭しと跳び回る、義足ダンサーにドラァグクイーン…「魅せ者」たちの摩訶不思議な世界へようこそ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
画面狭しと跳び回る、義足ダンサーにドラァグクイーン…「魅せ者」たちの摩訶不思議な世界へようこそ!

義足のダンサーの森田かずよと人形「片脚で立つ森田かずよの肖像」のコラボシーン(写真は全て©TOKYO2020)

 

「まぜこぜ」のココロは…

 連載コラム、スタートしました! 東ちづるです!

 自分自身や家族の病気体験、健康についてはもちろんのこと、健やかに生きるための「まぜこぜの社会」についてもツラツラと記してまいります。お付き合い、どうぞよろしくお願いします。

 まずは、「まぜこぜ」って何?ってことですよね。タイトルも、「まぜこぜのススメ」ですから。

 ちゃんと言い換えれば、多様性、ダイバーシティ、インクルーシブネス、ノーマライゼーション……なんだかこの言葉たち、理解というか、気持ちがどんどん遠ざかっていく感じがしませんか? そこで、グッと親近感が湧くように、「まぜこぜ」という言葉を活用しています。

ライブ視聴120万超え

画面狭しと跳び回る、こびとプロレスラーにドラァグクイーン…「魅せ者」たちの摩訶不思議な世界へようこそ!

「人間失格」を歌う自閉症のラッパーGOMESSと車イスダンサー神原健太

 あー、あれもか!とピンときた方、ありがとうございます。そうです! 世界配信中の映像「MAZEKOZEアイランドツアー」です。8月22日のLINEライブ配信では、ありがたいことに120万視聴超えでした! ただ今、YouTubeで絶賛アーカイブ配信中。日本語と英語の字幕付きです。

 この作品は、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」のテーマである「多様性と調和」の映像化です。私が、構成・キャスティング・演出・総指揮を仰せつかりました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

azuma-chiduru_prof

東ちづる(あずま・ちづる)

俳優。一般社団法人Get in touch 代表。 1960年、広島県生まれ。会社員生活を経て芸能界へ。ドラマ出演や司会、講演、出版など幅広く活躍。骨髄バンク支援等のボランティアを29年間続けている。2012年、アートや音楽、映像、舞台等を通じて、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指す一般社団法人「Get in touch」を設立。記録映画「私はワタシ~over the rainbow~」、演劇プロジェクト「月夜のからくりハウス」(ともに動画をVimeoで配信中)などの企画・プロデュースを手がけ、自らも出演している。東京五輪・パラリンピックの文化プログラムとして映像作品「MAZEKOZEアイランドツアー」(無料配信中)の総合構成・演出・総指揮を担当。著書に、エッセー集『らいふ』など。

東ちづる まぜこぜのススメの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事