文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

8月以降のコロナによる死者、8割がワクチン未接種…都の調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都内で8月以降、新型コロナウイルスワクチンの接種歴を確認できた死者412人のうち、8割が1回も接種していなかったことがわかった。都が24日に開いた新型コロナのモニタリング(監視)会議で報告した。

8月以降のコロナによる死者、8割がワクチン未接種…都の調査

東京都庁

 都によると、8月1日~9月20日に死亡した都内の感染者は484人。このうち、ワクチンの接種歴が確認できたのは412人で、79%の325人が未接種だった。接種1回は38人、2回接種済みは49人だった。

 ワクチン接種の有無にかかわらず、死者の多くが感染前から、がんや糖尿病などの基礎疾患を抱え、未接種者では78%を占めた。接種1回では95%、2回接種済みでは92%に上った。

 2回の接種後に死亡した49人の中で、60歳未満は基礎疾患を持つ1人。48人が60歳以上で、このうち44人に基礎疾患があった。

 ワクチンには、高齢者や基礎疾患のある人に対しても、重症化や死亡のリスクを下げる効果がある。会議に出席した専門家からは、ワクチン接種をさらに進めるよう都に求める声が上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事