文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

「脂肪肝」自分で改善させるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「脂肪肝」自分で改善の方法は…軽い筋トレ 継続お勧め「脂肪肝」自分で改善の方法は…軽い筋トレ 継続お勧め

   人間ドックの腹部超音波検査で「初期の脂肪肝」と言われまして。運動不足で太ってきたので、心配です。

  ヨミドック  早く分かってよかった。脂肪肝は、肝臓全体の細胞の5%以上に中性脂肪がたまった状態。健診を受けた人の20~30%に見られます。最近は、食事の欧米化などに伴い、非アルコール性の脂肪肝が急増しています。

   特に具合が悪いことはないんですが……。

   肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、ほとんど自覚症状が出ません。気づかないうちに肝臓の働きが悪くなっています。放置すれば、肝硬変や肝細胞がんを引き起こすことがあります。

   どうしたものでしょうか?

   軽い脂肪肝なら、生活習慣の見直しで改善します。原因が過度な飲酒なら、量を減らす。食べ過ぎや肥満が原因なら、カロリーを制限する。そして、ぜひ試してほしいのが、適度な「運動」です。

   ランニングやスポーツジムは苦手で。

「脂肪肝」自分で改善の方法は…軽い筋トレ 継続お勧め

   大丈夫。自宅でできる軽い筋トレでも脂肪肝はよくなります。筋肉がつくと基礎代謝が上がり、肝臓脂肪が燃焼しやすくなるためです。健康寿命を延ばすことも期待できます。

   なるほど。詳しく教えてください。

   久留米大学病院(福岡県久留米市)などの医師たちが考案した、誰でも簡単にできる「肝炎体操」を紹介しましょう。背中やお尻、脚の筋肉を鍛える四つの運動を組み合わせたものです。

 一つ目は、朝礼の時のお辞儀に似た運動。二つ目はタオルを使いますが、肩が上がらない人は外してもかまいません。三つ目は、スクワット。四つ目は、つま先立ち=イラスト参照=。

 この四つの前後に、ウォーミングアップの足踏み(目標20回)と、仕上げのふくらはぎのストレッチ(片脚20秒ずつ)を加えます。どうです、簡単でしょ。全部やっても1日10分程度です。

   体操なんですね。それならできそうだ。

   大切なのは続けること。できる回数から始めて、毎日続けてください。肝炎体操は、国立国際医療研究センター内「肝炎情報センター」のホームページで動画で紹介しています。

 (鈴木敦秋/取材協力=川口 たくみ ・久留米大学病院消化器内科准教授、橋田竜騎・同大学病院整形外科講師)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事