文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

フリーアナウンサー 笠井信輔さん

一病息災

[フリーアナウンサー 笠井信輔さん]悪性リンパ腫(3)抗がん剤で脱毛、食欲不振…つらかったコロナで面会制限の「孤独」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 フジテレビを退社し、フリーになるタイミングでがんが見つかった。すでに40件も仕事が入っている。「仕事をしたいので、通院しながら治療できませんか」とお願いしたが、「無理」と言われた。実際、甘い治療ではなかった。

 2019年12月に入院。抗がん剤治療が始まった。3種類の薬を5日間24時間投与して、2週間休む。それを6回繰り返す。「治療を重ねるほどきつくなりました。 倦怠けんたい 感で起きていられないんですよ。完全にグロッギー。仕事なんてとても無理でした」

 抗がん剤治療は翌年の4月まで続いた。脱毛もしたし、食欲不振もあった。しかし、一度も吐くことはなかった。「抗がん剤というと、ゲーゲー吐くイメージだったんですが、吐き気止めの薬がとてもよく効いて、むかつく程度。医療の進歩を実感しました」

 薬の投与を終え、体力の回復を待つ2週間のうち、最後の数日は元気になる。そのタイミングでお見舞いに来てもらった。「入院中は不眠なんですけど、お見舞いの人としゃべると楽しいし、疲れてよく眠れるんですよ。お見舞いはありがたかったですね」

 ところが、入院から1か月余りの20年2月には家族以外のお見舞いがなくなった。新型コロナ感染が広がったためだ。院内でも医師が感染。パンデミックを病院で体験することになった。「誰にも会えない孤独は大変なものでした」。制限は退院するまで続いた。

フリーアナウンサー  (かさ)()(しん)(すけ) さん(58)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

フリーアナウンサー 笠井信輔さん

最新記事