文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】日米豪印、首脳宣言案に5G整備やバイオ協力…中国念頭に国際標準作り主導へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=田島大志、船越翔】日本と米国、オーストラリア、インドの4か国の枠組み「クアッド」が24日の首脳会談でまとめる共同声明のうち、先端技術分野の声明の原案が判明した。高速・大容量通信規格「5G」の整備やバイオ技術などの分野で協力を進め、国際標準作りを主導することを盛り込んだ。存在感を増す中国を念頭に、先端技術分野で4か国の連携を前面に打ち出す見通しだ。

【独自】日米豪印、首脳宣言案に5G整備やバイオ協力…中国念頭に国際標準作り主導へ

首相官邸

 4首脳は米ワシントンで初めて対面で会談する。その後、先端技術分野での連携に加え、気候変動、新型コロナウイルス対策での協力を盛り込んだ共同声明を発表する予定だ。

 原案では、先端技術の開発や利用を巡り「我々は共有する価値観と人権の尊重に基づき協力関係を築いてきた。世界を開放的で高水準な技術へと導く」と明記し、名指しは避けつつ、情報管理や保全などに懸念の声が出ている中国による主導を強くけん制した。

 中国と日米の間で激しい覇権争いを展開する5G技術については「安全で開放性、透明性の高いネットワークの展開」を掲げ、信頼性の高い供給網作りを進める方針も示した。4か国の官民連携により2022年中に十分な態勢を整備する目標も掲げる。

id=20210921-249-OYT1I50176,rev=7,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

3月にオンラインで開かれた日米豪印の4か国首脳会談に臨む菅首相(右)(首相官邸で)

 原案では、新型コロナウイルスの世界的な流行に伴い、ウイルスの分析や医薬品の開発などで重要性が高まるバイオ技術分野でも連携していく方向性を明記した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事