文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米入国の全外国人に「ワクチン接種完了」義務化、入国後の自主隔離は求めず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=蒔田一彦】米政府は20日、米国に空路で入国する外国人に対し、11月上旬から新型コロナウイルスワクチンの接種完了を義務付けると発表した。世界各国でのワクチン接種の普及に伴うもので、欧州や中国などに適用してきた一律の入国禁止措置は解除する。入国後の自主隔離も求めない。

米入国の全外国人に「ワクチン接種完了」義務化、入国後の自主隔離は求めず

米ホワイトハウス

 米国は現在、欧州の大半の国や中国、インド、ブラジル、南アフリカなどに過去14日以内に滞在した外国人の入国を禁止している。一方、日本を含むその他多くの国に関しては、ウイルス検査で陰性が証明されれば入国を認めており、公平な規制となるよう見直しを求める声が強まっていた。

 11月上旬からは、国・地域を問わず、全ての外国人に対し、米国行きの飛行機に搭乗する前に、ワクチンの接種完了を示す証明書の提示を義務付ける。出発前3日以内の陰性証明も引き続き求める。日本人にとっては、米国に入国する条件が従来よりも厳しくなる。

 ワクチン接種が完了していない米国人が海外から帰国する際には、出発前1日以内の陰性証明を求める。

 どのワクチン接種を有効と認めるかについては、米疾病対策センター(CDC)が今後決めるという。米国内では、モデルナ、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンの3社のワクチンが承認されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事