文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

感染拡大の英国、接種年齢を12歳に引き下げ…3回目ワクチンも手続き開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ロンドン=緒方賢一】英政府は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種の対象を16歳から12歳に引き下げた。新たに約300万人が学校などで接種を受けることになった。

感染拡大の英国、接種年齢を12歳に引き下げ…3回目ワクチンも手続き開始

ロンドンでファイザー製ワクチンの接種を受ける女性(8月8日)=ロイター

 ワクチンの効果を持続させるため、3回目の追加接種の実施に向けた手続きも20日に始まった。追加接種は50歳以上の人や医療、介護の従事者らで、2回目の接種から半年過ぎた人が受ける。米製薬大手ファイザーのワクチンを使用する。

 英政府の18日現在の発表によると、1回目の接種を受けた人の人口に占める割合は73%、2回目を受けた人の割合は67%だった。

 コロナ対策で導入された規制は今夏、解除されたが、新たな感染者は連日、3万人前後のペースで増えている。政府は接種の対象年齢を広げ、追加接種を行うことで社会活動の正常化を進める方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事