文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

自民党竹下派の竹下亘会長が死去…兄・竹下元首相の後継で衆院7期、復興相など歴任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 自民党竹下派(平成研究会)会長で、党総務会長や復興相などを務めた竹下亘(たけした・わたる)衆院議員が17日午後9時15分、食道がんのため、東京都世田谷区の自宅で死去した。74歳だった。通夜と葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。竹下氏は7月、次期衆院選に出馬せず、政界から引退することを表明していた。

自民党竹下派の竹下亘会長が死去…兄・竹下元首相の後継で衆院7期、復興相など歴任

竹下亘・元総務会長

 竹下氏は、竹下登元首相の弟。NHK記者、登氏の秘書を経て、2000年衆院選で登氏の後継として島根2区から初当選し、連続7選を果たした。14年9月の第2次安倍改造内閣で復興相として初入閣し、党では国会対策委員長、総務会長を歴任。登氏が創設した経世会の流れをくむ平成研究会の会長に18年4月に就任した。

 19年1月に食道がんを公表後は、会長職にとどまったまま治療に専念し、同年11月に政治活動を再開したが、今春から再び療養に入っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事