文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

感染対策の紅白幕掲げ「そーりゃそーりゃ」、2年ぶりだんじり疾走…一部沿道には見物客も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
感染対策の紅白幕掲げ「そーりゃそーりゃ」、2年ぶりだんじり疾走…一部沿道には見物客も

沿道に紅白幕が張られる中、疾走するだんじり(18日午前、大阪府岸和田市で)=杉本昌大撮影

 大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」が18日、2日間の日程で始まった。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止されただんじり 曳行えいこう が、2年ぶりに実施された。

 府内には新型コロナの緊急事態宣言が発令中で、主催者側は市民らに見物自粛を呼びかけている。また、だんじりが猛スピードで曲がる「やり回し」が行われる主要な交差点には、通行人から見えないよう高さ約2メートルの紅白幕を掲げる対策が取られた。

 主催者側は、コロナ禍の中でも「培ってきた伝統を守るべきだ」として、感染対策を徹底して曳行することを決定。しかし、市民の間でも開催に賛否があり、例年参加する市内34町のうち一部が曳行を自粛する。

 この日は午前6時頃から き手たちが「そーりゃ、そーりゃ」と声を掛け合いながら、だんじりが勢いよく街を駆け抜けた。一部の沿道では、見物客らの姿も見られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事