文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

yomiDr.記事アーカイブ

台風14号、異例の列島横断…南北の高気圧の間が「通り道」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
台風14号、異例の列島横断…南北の高気圧の間が「通り道」に

 台風14号が東シナ海で数日間停滞した後、日本列島を横断する異例の進路をたどっているのは、進路を阻んでいた南北二つの高気圧の間に「通り道」ができたためだ。今後、太平洋側の高気圧に沿うように真東へ進むと予想されるが、移動速度が遅いため広域で風水害への注意が必要となっている。

id=20210918-249-OYT1I50040,rev=14,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

気象庁

 気象庁によると、14号は大陸側と太平洋側の二つの高気圧に進路を塞がれる形で、15日頃まで東シナ海で停滞した。大陸側の高気圧の張り出しが弱まったことで、東側に抜けるルートが開けた。

 この時期の台風は偏西風に乗って加速するケースが多いが、今年の偏西風は例年より北側を通っている。このため、14号は太平洋側の高気圧の縁を吹く西風に流されて東進している。偏西風に乗れば時速40~50キロ・メートルで進むが、今回はそれ以下にとどまっている。

 一方、当初は17日頃に勢力を弱めて温帯低気圧になると予想されていたが、実際には勢力を強めた。東シナ海の海面水温が28度ほどと高く、停滞中に多量の水蒸気を取り込んで再発達したとみられる。

 慶応大の宮本佳明准教授(気象学)は「普段とは異なる台風の経路で、台風に慣れていない住民は進路や風向きに注意が必要だ。温帯低気圧に変わっても勢力が急に弱まるわけではないため、警戒を怠らないように」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr.記事アーカイブの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事