文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[コロナの現場]あの時、私は 第2部<2>妊婦奮闘8日目 医師来訪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪市のAさん(37)は、新型コロナウイルスに感染した長女(2)を入院させた後、自分と義母(69)も陽性であることを知った。2021年4月29日、夫(44)の感染確認から3日後だった。

 妊娠中のAさんはつわりに悩まされていたが、コロナの目立つ症状はなかった。夫はぜんそくの持病を抱えながら、自宅でコロナ肺炎と闘っていた。義母は関節痛に苦しみ、膝や腰が痛くてトイレに行くのもやっと。食事がのどを通らず、常用する高血圧の薬も飲めなくなっていた。

 看病するのはAさんしかいない。隣の市にある実家の父親が連日、食料や日用品を車で運んでくれるのが救いだった。酸素飽和度(血中酸素濃度)を測るパルスオキシメーターは、兄が苦労して精巧な品を調達してくれた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事