文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

鉄道車両内で「プラズマクラスター」…シャープと川崎重工業がイオン発生機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
鉄道車両内で「プラズマクラスター」…シャープと川崎重工業がイオン発生機

シャープなどが開発した鉄道車両用のプラズマクラスターイオン発生機のイメージ(同社提供)

 シャープは16日、独自のイオン発生技術「プラズマクラスター」を使った鉄道車両向けのイオン発生機を川崎重工業と共同開発したと発表した。既存の車両に簡単に取り付けられ、空気の浄化に有効とされる高濃度のイオン空間を実現できるという。

 発生機は高さ22センチ、奥行き8センチの箱状で、つり手の上部にある棒に固定する。鉄道事業者はコロナ禍による衛生意識の高まりに対応を迫られており、設置が容易な機器への需要が高まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事