文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

自宅療養者、9都府県で「宣言」解除の新基準上回る…「人口10万人当たり60人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出ている19都道府県のうち東京、大阪、福岡など9都府県で、入院先など療養先調整中の人たちを含めた自宅療養者(9月13~14日時点)が、政府分科会が宣言解除の新基準として示した「人口10万人当たり60人程度」を上回っていることが、厚生労働省の集計で分かった。

自宅療養者、9都府県で「宣言」解除の新基準上回る…「人口10万人当たり60人」

新型コロナウイルス

 沖縄、愛知、京都、大阪の4府県では100人を超えており、病床の 逼迫ひっぱく や、保健所の入院調整に時間がかかる状況が続いている。東京は60・7人と新基準に近づいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事