文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

菅内閣発足1年、首相「コロナ対策に明け暮れた1年」と振り返る…「最後の1日まで全力で働く」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
菅内閣発足1年、首相「コロナ対策に明け暮れた1年」と振り返る…「最後の1日まで全力で働く」

内閣発足から1年を迎え、記者団の質問に答える菅首相(16日午前10時8分、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 菅内閣は16日、発足から1年を迎えた。菅首相は同日午前、首相官邸で記者団の取材に応じ、「国民の命と暮らしを守ることを最優先に新型コロナウイルス対策に明け暮れた1年だった」と振り返った。

 国内の新型コロナの感染状況について、首相は「全国的に感染者数は減少傾向にあるが、油断することなく医療体制を確保し、ワクチン接種を全力で推進していきたい」と述べた。

 首相は17日告示、29日投開票の自民党総裁選に出馬せず、退陣する意向だ。在任中に力を入れた温暖化対策や行政のデジタル化、不妊治療支援などに関しては、「未来を担う世代に道筋を付けることができた。最後の1日まで『国民のために働く内閣』として全力で働いていきたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事