文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

杉並区長、軽井沢高原で酒提供の会合に出席…「移動自粛」要請中の7月に出張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京・杉並区の田中良区長が7月、群馬県に出張した際、酒類提供のある会合に出席していたことがわかった。都内では同12日に緊急事態宣言が出され、移動の自粛が求められていた。会合では地元経済団体との意見交換が行われ、区は「不要不急には当たらない」としている。

杉並区長、軽井沢高原で酒提供の会合に出席…「移動自粛」要請中の7月に出張

田中良・杉並区長

 区の説明では、田中区長は7月14日午後、群馬県の軽井沢高原で行われた東京商工会議所杉並支部の会合に出席し、新型コロナウイルス対策などについて意見交換した。会合は毎年、この時期に開催されており、同支部から12人が参加し、うち3人はオンラインだった。区側は田中区長と幹部職員3人が出席した。

 意見交換は夜も続き、夕食では酒類が提供された。群馬県では当時、緊急事態宣言は出ておらず、会合後に陽性が判明した人はいない。

 翌15日、同支部の出席者はゴルフをしたが、区長はゴルフはせずに帰京した。宿泊費と飲食費、交通費計4万6830円は公費で支出された。一方、幹部職員のうち2人は自費でゴルフに参加していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事