文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

アトピー性皮膚炎<5>薬中断 自己判断は禁物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

◇Q&A

◇日本医大 皮膚科教授 佐伯秀久さん

アトピー性皮膚炎<5>薬中断 自己判断は禁物

1991年東京大卒。東京大皮膚科講師、慈恵医大皮膚科准教授などを経て、2014年6月から現職

 アトピー性皮膚炎の治療の最新事情について、日本皮膚科学会などがつくる診療指針の作成にあたった日本医大皮膚科教授の佐伯秀久さんに聞いた。

 ――アトピー性皮膚炎とは?

 「かゆみのある湿疹が繰り返しできる病気です。外部の刺激から皮膚を守るバリア機能の低下や、ストレスなどで発症すると考えられています」

 ――どのように治療するのでしょうか。

 「塗り薬で炎症を抑える薬物治療と、皮膚を清潔に保ち保湿剤を使うスキンケア、そして、ダニやほこり、細菌類など皮膚の刺激となるものを除去することが柱です」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事