文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

マスクせず、接種停止求めるチラシを中学生らに配布…市議を厳重注意に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中学生らに対し、新型コロナウイルスワクチンの接種停止を求めるチラシをマスクをせずに配ったとして、大分県臼杵市議会は14日、若林純一市議(61)を厳重注意した。市民から苦情や抗議が寄せられていた。

マスクせず、接種停止求めるチラシを中学生らに配布…市議を厳重注意に

報道陣の取材に応じる若林市議

 市議会によると、若林市議は8月末から9月上旬にかけ、市内の中学校付近や駅周辺でチラシを配布した。「生徒らが怖がっている」という声が上がっているとして、市や市教委、市医師会は厳正な対処を求める文書を市議会に提出した。

 市議会は14日に全員協議会を開き、匹田郁議長が厳重注意を促す文書を読み上げた。「議会では率先して感染症対策に取り組んでおり、極めて遺憾」としている。若林市議は欠席したため、文書を送るとしている。

 若林市議は報道陣の取材に、「間違った情報を伝えたつもりはない。マスクをせずに怖がらせ、配慮に欠けたと言われればそうかもしれない。文書を見たうえで責められるべきことがあれば改善する」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事