文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

独自のワクチンパス、旅行・飲食を後押し…群馬県が来月にも開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県は13日、新型コロナウイルスの感染防止と経済活性化の両立を図るため、10月にも開始する独自のワクチン接種証明を活用した県内旅行や飲食の需要喚起策を発表した。専用病床の拡充など医療提供体制の強化も含め、計490億8654万円を追加する今年度一般会計補正予算案は、21日開会の県議会第3回定例会に提出される。

独自のワクチンパス、旅行・飲食を後押し…群馬県が来月にも開始

 山本知事は臨時記者会見で「ワクチン接種の推進で日常生活の回復へ向けた準備が整いつつある。全国のモデルとなる取り組みを進めたい」と強調し、今後の工程表も示した。

 1日時点で12歳以上の県民に占める2回のワクチン接種率は57%。県は8割以上の接種完了と緊急事態宣言の解除を前提に、独自の接種証明「ワクチンパス」(仮称)を10月中旬にも発行する。

 パス発行に合わせて、停止していた県民対象の県内宿泊費や日帰り旅行代金の5000円割引キャンペーンを再開し、飲食店支援の「Go To イート」食事券についても、プレミアム率を25%から30%へ独自に上乗せして再販売する。いずれも特典を得るには、パスで2回の接種が完了済みだと示すことが条件となる。接種を受けられない人には、PCR検査の陰性証明を代替とする。

id=20210914-249-OYT1I50040,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

LINEを活用した「ワクチンパス」(接種証明)のイメージ=県提供

 パスは、無料通信アプリ「LINE」の県公式アカウントに接種券番号などを入力すると、スマートフォンの画面に本人の接種状況が表示される仕組みを計画しているほか、打ち終えたことが分かる接種券の提示も認める方針。接種証明を活用した行動制限の緩和は国も準備を進めており、県は国との連携を検討する。

 一時は危機的状況となった医療提供体制の強化は、「300人の新規感染者が2週間続く」ことを想定した拡充を図る。来年1月までに専用病床数は現在の491床から552床、宿泊療養施設は5か所1319室から7か所1650室へそれぞれ積み増していく。

 中等症の患者に対して鼻から多量の酸素を投与し、人工呼吸器を使用するより医療側の負担が少ない「高流量酸素療法」(ネーザルハイフロー)の活用も進める。宿泊療養施設1か所には夜間休日の救急患者のための「酸素ステーション」を整備し、自宅療養者の健康診断を担当する外来医療機関の指定も急ぐ。

 新型コロナ対策費は計358億3654万円で、補正予算全体の財源の7割超は、国の緊急包括支援交付金などを活用した。

 山本知事は「経済対策と同時に、再拡大に備えた医療体制の基盤の強化は不可欠だ」と力を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事