文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

アトピー性皮膚炎<4>ステロイド治療 粘り強く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
アトピー性皮膚炎<4>ステロイド治療 粘り強く

ステロイド薬を使わなかった時期に撮影した皮膚の状態を見ながら、当時を振り返る女性

 「一時は、ステロイド薬の塗りすぎで悪化したと思っていた」。アトピー性皮膚炎の治療を20年近く続けてきた横浜市の女性会社員(37)は、こう振り返る。

 大学時代の2003年頃に、肘の内側のかゆみがひどくなり、地元の皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断された。処方されたステロイド薬を1週間ほど塗ると、きれいになり、かゆみもなくなる。薬をやめてはぶり返し、また塗ることを繰り返すうち、湿疹は首や膝の裏側や、顔にも広がった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事