文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

ギョーザ入り豆乳スープ…かみ切りやすく、冷めても硬くなりにくい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、冷凍の焼きギョーザを使ったスープギョーザのご紹介です。

 皆さん、水ギョーザといえば、もちもちの皮を想像しませんか? もちもち、つるん、と想像しただけでもおなかが鳴りそうですね。

 蒸しギョーザや水ギョーザが主流の中国では、「ギョーザは皮を食べるもの、シューマイはあんを食べるもの」と言われるくらい、ギョーザは皮の食べ応えが重要とされています。

 ところが、このもちもち感は、かむ、のみ込む機能が低下した方にとっては食べにくさの原因となることがあります。できたての熱々のときは軟らかかったとしても、食べられるくらいの温度になったときには、歯ごたえが残って食べにくくなるということがあるのです

 このレシピでは、皮の薄い焼き用の冷凍ギョーザを使うことにより、かみ切りやすく、また、冷めても硬くなりにくいことが食べやすさにつながります。ギョーザを強火で煮ると崩れてしまうことがあるので、軽く沸騰が続く程度の火加減で、軟らかく煮るようにしましょう。

[作り方]

(1) 鍋に分量の水を沸かし、ギョーザを冷凍のまま入れる。軽い沸騰が続く火加減で5分くらい、軟らかくなるまで煮る。

(2) コンソメを入れて溶かし、さらに豆乳を加えて沸騰させないように温める。味をみて塩少々を加える。

(3) 器に盛り、お好みでラー油、軟らかくゆでたホウレンソウなどをトッピングして出来上がり。

 ※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事