文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

がんセンター患者情報、183人分流出か…医師アカウントに不正アクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 愛知県は8日、県がんセンター(名古屋市千種区)の医師が利用するクラウドサービスの個人アカウントのIDとパスワードが何らかの方法で盗まれ、メールに添付された患者のべ183人分の個人情報が外部に流出した恐れがあると発表した。

がんセンター患者情報、183人分流出か…医師アカウントに不正アクセス

愛知県庁

 県によると、7月13日に医師からメールの送受信に不具合があるとセンターに相談があった。調査の結果、5月31日~7月14日まで毎日、この医師のアカウントに海外から不正アクセスがあったことが発覚した。

 この期間に医師が送受信したメール約1万通の中には患者の氏名や生年月日、病名などの情報を記したファイルを添付したものが含まれていた。同センターでは患者の個人情報のメールでのやり取りを原則禁止し、送信が必要な場合はパスワードをかける決まりだったが、医師は守っておらずファイルが閲覧できる状態だった。

 同センターでは、患者への謝罪と説明を進めるとともに、クラウドサービスを利用する際は、複数の手段で本人確認する「多要素認証」を導入するなどして再発防止に努めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事