文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

医療・健康・介護のコラム

胸が痛む、年齢を感じる、気力がわかない、呼吸が苦しい、運動しづらい 心臓弁膜症に注意を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ここは、ある下町にあるという架空のカフェ。オーナーののぶさんのいれるコーヒーの香りに誘われ、今日もすてきなゲストが訪れて、話が弾んでいるようだ。(ゲストとの対話を、上下2回に分けてお届けします)

福原斉(ふくはら・ひとし)さん

【今月のゲスト】
福原斉(ふくはら・ひとし)さん

 1959年生まれ。一般社団法人心臓弁膜症ネットワーク代表理事。2013年、54歳の時に職場で急性大動脈解離を発症し、緊急手術。上行大動脈を人工血管に置換した。55歳で脳梗塞(こうそく)を発症し、治療に専念するために退職した。弓部大動脈を人工血管とオープンステントグラフトに置換するとともに、大動脈弁閉鎖不全症で弁置換(機械弁)の手術を受ける。56歳の時に東京都町田市で里山再生、保全、維持活動をする「まちだ結の里」へ入会。57歳で下行大動脈にステントグラフトを挿入、58歳で冠動脈狭窄(きょうさく)症に対するバイパス術、大動脈基部を人工血管に置換する手術、大動脈弁置換(機械弁摘出、生体弁へ置換)手術を受ける。59歳の時、一般社団法人心臓弁膜症ネットワークを設立する。
・一般社団法人心臓弁膜症ネットワーク:https://heartvalvevoice.jp/

心臓弁膜症ネットワーク代表理事の福原斉さん(上)

胸が痛む、年齢を感じる、気力がわかない、呼吸が苦しい、運動しづらい 心臓弁膜症に注意を

オンラインで対談する福原さん(左)と筆者

 季節が変わり、カフェに差し込む日差しが、だいぶ柔らかくなった。

 私がコーヒーをいれるために立つカウンターには、ちょうど夕日が当たる。横開きの入り口の扉が開くと、私より少し年上に見えるおしゃれな男性が、大きな荷物とともに入ってきた。

 私の目の前のカウンター席に案内する。

 「ふぅ」

 疲れたような声が聞こえた。

 「さっきまで入院していたんですよ。体がきついですね」

 どうやら、退院からの帰り道に立ち寄ってくれたようだ。

 「心臓弁膜症」

 福原斉さんは、病名をそう言った。私には初耳の病気だ。

閉鎖不全症や狭窄症

胸が痛む、年齢を感じる、気力がわかない、呼吸が苦しい、運動しづらい 心臓弁膜症に注意を

(心臓弁膜症ネットワークのウェブサイトより)

 心臓は、四つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)に分かれている。それぞれの部屋の出口には弁(三尖(さんせん)弁、肺動脈弁、僧帽弁、大動脈弁)があり、血液が逆流しない仕組みになっている。

 加齢などが原因で、それぞれの弁がうまく閉じなくなったり(閉鎖不全症)、狭くなったり(狭窄(きょうさく)症)するのが、心臓弁膜症だ。

 「私は、大動脈弁がうまく閉じない大動脈弁閉鎖不全症と、他にも心臓・血管の病気があるんです」

 興味津々で聞いた私に、丁寧に答えていただいた。心臓のつくりについては、中学校の頃に習った記憶もある。

 心臓弁膜症にかかっているかどうかは、見た目ではわかりにくく、どれだけの患者がいるのかは不明という。海外のデータなどを参考にすると、日本での患者数は400万人程度と推測されているそうだ。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suzuki_nobuyuki_300-300i

鈴木信行(すずき・のぶゆき)

患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事