文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

記者出前レク

回想サロン

あの頃、ミニスカートの妻に思わず見とれた~品川・荏原図書館で出前レク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京・品川区の区立荏原図書館で8月20日、よみうり回想サロンの「出前レク」が開かれました。図書館で定期的に開催している認知症カフェ「えばら なごみカフェ」の一環で、区内の男女7人が参加しました。

 会場では新型コロナウイルスの感染防止のため、入場の際に検温や手指消毒が行われ、マスク着用のほか、座席の間隔を空けるなどの対策もとられました。

 読売新聞クロスメディア部の山本淳一記者が進行役となり、昭和40年代を振り返りました。

 昭和41年に来日した英国の人気バンド「ザ・ビートルズ」のクイズから、エレキブームに話題が広がりました。当時、女子高生だった参加者の女性は「友達はほとんどバンドを組んでいました。文化祭の時期になると、いくつもの高校のライブコンサートを見て回った」そうです。

昭和40年代のファッションについて語る参加者の皆さん(8月20日、東京都品川区の区立荏原図書館で)

 英国のモデル、ツイギーによって、大ブームとなったミニスカートは女性のファッションに大変革をもたらしました。ただ、今のように、既製品が売られているのではなく、デパートで注文したり、洋裁の上手な人に作ってもらったりするのが一般的だったそうです。デパートでミニスカートのスーツを注文したという女性は「値段は給料1か月分ぐらいでした。流行を追うのにはお金がかかりました」と話してくれました。

 夫婦で参加した男性が「妻にミニスカートを勧めたんです」と語り始めました。お話を伺うと、「妻はもともとドレスが好きで、おしゃれだったので、似合うと思ったんです」とのこと。ミニスカートを着た奥さんは「足がスラリとしてきれいでした。思わず見とれて、ほれ直しました」と“告白”。横で聞いていた奥様もうれしそうな笑顔でした。当時の思い出から、夫婦の絆を再確認していただけたようです。

 男性の間ではオートバイが流行したそうです。「横浜までよくツーリングしていた」という男性は、港で船を係留するロープを架ける柱に片足を載せて、当時の青春スター、石原裕次郎を気取っていたそうです。参加者の皆さんから、次々と青春の思い出が飛び出し、楽しいサロンになりました。

 読売新聞社は、DVD「よみうり回想サロン・昭和から平成編①」「昭和40年代編①」「昭和30年代編①」「昭和20年代編①」を好評販売中です。DVDを使ったベテラン記者の「出前レク」(約60分、有料)も受け付けています。問い合わせは、クロスメディア部「よみうり回想サロン」係(TEL:03・3216・8872)。(下のロゴをクリックすると「よみうり回想サロン」ご案内ページに移動します)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

記者出前レクの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事