文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

パラ学校観戦の市立中、引率の教職員感染で休校に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 千葉市教育委員会は29日、市立貝塚中の教職員6人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち2人は、東京パラリンピックを児童・生徒が観戦する「学校連携観戦プログラム」で25日、計18人の生徒を引率し、バスで幕張メッセに行っていた。市教委はこの18人を含め、生徒ら約150人のPCR検査を行う。

パラ学校観戦の市立中、引率の教職員感染で休校に

幕張メッセ(読売ヘリから)

 発表によると、観戦に関連した濃厚接触者はおらず、体調不良を訴える生徒の報告もない。引率した2人は27日以降に体調を崩し、感染が判明した。同校は夏休み明けの30日から9月3日まで休校とする。

 市教委はパラ観戦を続ける方針だが、参加者の事前検査を検討するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事