文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

群馬でもモデルナワクチンに異物、青っぽい黒色で0・5ミリ…沖縄とは違う製造番号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県は29日、新型コロナウイルスの米モデルナ製ワクチンから異物が見つかったと発表した。厚生労働省が使用の見合わせを要請した製造番号ではなく、前日に沖縄県で異物が確認されたものとも異なる。

群馬でもモデルナワクチンに異物、青っぽい黒色で0・5ミリ…沖縄とは違う製造番号

モデルナ製のワクチン容器

 発表によると、29日午前10時半頃、県が太田市に開設した集団接種会場で、注射器へワクチンを 充填じゅうてん しようとした際、確認していた薬剤師が瓶の中に、青みがかった黒い異物を発見した。異物は注射針(内径0・25ミリ)を通らない0・5ミリほどの大きさだった。

 同じ製造番号のワクチンは、同じ会場で27~29日に4575人の接種に使用されたが、健康被害は報告されていないという。県は別の製造番号のワクチンを使って接種を継続している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事