文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「使用中止」要請の前に接種、30代男性2人死亡…異物混入ワクチンと同じ工場製

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 米モデルナ製ワクチンに異物が混入していた問題で、厚生労働省は28日、使用中止を求めたワクチンを以前に接種した38歳と30歳の男性2人が死亡したと発表した。接種と死亡との因果関係は不明で、今後、有識者検討会で評価する。

「使用中止」要請の前に接種、30代男性2人死亡…異物混入ワクチンと同じ工場製

モデルナ製のワクチン

 発表では、2人はいずれも、異物が見つかったものと同じスペインの工場で、同工程で作られた製造番号「3004734」のワクチンを2回目に接種した。

 38歳の男性は今月15日に接種し、翌日に38・5度の発熱があった。17日に下熱したが、18日に自宅で死亡が確認された。30歳の男性は22日に接種し、翌日は発熱で仕事を休んだ。回復した24日は出勤し、帰宅後に就寝。25日朝に死亡が確認された。

 異物が混入していた番号「3004667」では、25日時点で9件の副反応疑いが報告された。死亡した2人が接種したものは13件で、もう一つの同工場・同工程の番号「3004956」はゼロだった。

 検討会部会長の森尾友宏・東京医科歯科大教授は「副反応疑い報告の状況や異物の性質、身体への影響の可能性などについて情報収集に努め、慎重に評価を行う必要がある」としている。

 厚労省は三つのワクチン163万回分が863か所に配分されたと発表したが、889か所に訂正した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事