文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track17】リストカットと過量服薬に走った20代女性。彼女が表せなかった思いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

伝えたいことがあるのなら

【Track17】リストカットと過量服薬に走った20代女性。彼女が表せなかった思いとは?

 そこで私は、たどたどしく言葉を発するカオリさんが緊張せずに、さらに安心できるような空気作りを心掛けました。彼女の言葉に対しては、語尾の「オウム返し」を挟むことで、同意や確認、共感を引き出しつつ、「その時どう感じたのか?」「どうしてそう考えたのか?」などの問いかけをすることで、これまでの経過を聞きました。

 カオリさんの口をついて出た言葉のほとんどは、この夜、救急外来に来なければ、語られることがなかったものばかりだったでしょう。話す内容や態度から、自身が本当は回復傾向にあるにもかかわらず、医師と自分との精神的な距離が開いていくことで、「見捨てられ抑うつ」につながったのだろうと解釈できました。

 ゆっくりと私は切り出してみました。

 「T先生に、伝えたい思いがあった。いや、今ある、のではないのかな?」

 「……わかりません」

 「カオリさんが伝えたい思いがあるのか、ないのか、がわからない?」

 「そうじゃなくて……」

 その様子から、私は彼女の気持ちを察することができました。カオリさんは、「伝えたいことはあるのだが、どう伝えたらいいのかがわからないのだ」、と。自分の思いを言語化できないいら立ちが募り、自傷行為や薬の大量服用につながってしまったのでしょう。 私は、「伝えたいことはあるのですよね。だったら、『どう伝えるか』は、次にT先生と話すまでの宿題にしていいですね?」と尋ねると、当を得たかのように、初めてカオリさんは私の顔をまっすぐに見返してくれました。

 傷の処置と血液検査結果の確認を済ませ、次回のT先生の診察の予約と申し送りをカルテに記載しながら、母親を初療室にお呼びし、カオリさんの所見について説明をしました。自分の娘の症状にどう対処していいのかわからずに、少し投げやりな態度だった母親に対して、家庭内でのコントロールが難しいと思った時には、いつでも遠慮なく連絡するようにと伝えました。

3 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 今年5月14日には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた 新曲「リンゴの赤」 をリリースした。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事