文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

介護・シニア

あ然! MRI「禁止」の発熱素材、堂々着用の理由とは…母さんの介護を終えて(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ヒートテックは脱がない! 古くて発熱しないから、MRIも問題ナシ!?…母さんの介護を終えて(上)

漫画・日野あかね

最初のきっかけは脊椎すべり症

 長く続くと覚悟していたのに、たった2年で終わってしまった母さんの介護。あっという間に過ぎ去った日々の中にも、いろいろなことがありました。

 2019年の春、母さんは脊椎すべり症になりました。どんな動作をするにも、これまでの倍以上時間がかかるようになり、母さんが中心となって担ってきた父さんの在宅介護が限界を迎えているのは一目瞭然。私は、父さんには施設に入ってもらうよう提案しました。

 母さんは渋っていたものの、どんどん衰弱していく母さんを隣で見ていた父さんが施設に入ることを承諾し、翌年の春、特別養護老人ホームに入所。こうして我が家は22年にも及んだ父さんの在宅介護を卒業したのです。

弟の死が追い打ちに

 この頃には、母さんはつえやシルバーカーがないと外出できなくなっていたのですが、今思うと父さんの介護という生活のハリがなくなったことも影響していたのかもしれません。孫のたーくんの友達に「80歳?(当時71歳)」と言われるほど、一気に老け込んでしまいました。

 その年の6月、さらに追い打ちをかけるような出来事が起きました。母さんの実の弟が闘病の末、亡くなったのです。最愛の肉親を失った現実を受け入れられず、さらに痩せ細り、自力で立つことさえ困難となって車椅子生活に。坂道を転がり落ちるような体調の悪化に、通っていたクリニックから総合病院で検査を受けるようにすすめられました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の「ダブルケア」の毎日を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事