文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宮脇敦士「医療ビッグデータから見えてくるもの」

医療・健康・介護のコラム

新型コロナ 国や自治体は医療機関ごとの入院患者数、病床利用率などのデータ公表を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

国と東京都が改正感染症法に基づく病床確保要請

新型コロナ 国や自治体は医療機関ごとの入院患者数、病床利用率などのデータ公表を

 8月23日、国と東京都は、東京都内の医療機関に対し、改正感染症法に基づき、新型コロナウイルス感染症患者のためのさらなる病床確保を「要請」しました。この要請はある程度の強制力を持っており、正当な理由なく要請を拒んだ場合は勧告し、従わなかった場合、医療機関名を公表することができる、とされています。

 この背景には、新型コロナウイルス感染症対応のための補助金など金銭的な配慮を十分受けているにもかかわらず、コロナ患者を十分に見ていない病院があるのではないか、という議論があります。ただ、すでに十二分に対応している病院がほとんどである中、コロナ以外の患者に対するケアを削ってまで、この要請に応じることのできる病院がどれほどあるのか、疑問は残ります。

 それはさておき、私が気になっているのは、「医療機関名を公表」の点です。

拒んだ医療機関名公表の「正当な理由」 どう判断するのか

 一部にはここに、「頑張っている医療業界にこれ以上追い打ちをかけるなんて」という感情的な反発があるようですが、私はむしろ、現在の法律の立て付けでは、「正当な理由」が恣意(しい)的に行政側に解釈されてしまう余地が残っていることを危惧しています。

 世の中の病気は、コロナだけではありません。極端なことを言えば、新型コロナウイルス感染症以外の患者さんへの治療、特に高度な医療や救急対応でいっぱいいっぱいの病院が、コロナのための病床を増やさない場合、それはきちんと「正当な理由」として判断してもらえるのでしょうか?

 また、すでに、多くのコロナ患者を診ている病院が、これ以上は診られない、と言った時に、「正当な理由」として判断されるのでしょうか? そして最も大事なことですが、医療機関名を「懲罰的に」公表することが、本当に患者さんの役に立つのでしょうか?

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

miyawaki-atsushi_prof

宮脇 敦士(みやわき・あつし)

 2013年、東京大学医学部医学科卒業、医師免許取得。せんぽ東京高輪病院・東京大学医学部附属病院で初期研修後、東京大学大学院医学系研究科社会医学専攻にて、医療政策・応用統計を専攻し、19年に博士号取得。東京大学特任研究員、筑波大学研究員、日本学術振興会特別研究員、Harvard T.H. Chan School of Public Health 客員研究員などを経て、20年から東京大学大学院医学系研究科社会予防医学講座助教。大規模データを用いて良質な医療を皆に届けるにはどうすればよいかということを研究している。

宮脇敦士「医療ビッグデータから見えてくるもの」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事