文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

息切れ、せき込み、足のむくみに注意…命を脅かす高齢者の心不全 生活習慣改善は若いうちから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 超高齢社会を迎え、患者が増えているのが心不全です。国内の患者数は120万人と推計され、今後も増加が見込まれます。いったん症状が出ると、悪化と回復を繰り返しながら心臓が徐々に弱り、命を脅かします。若いうちから生活習慣に気を配り、原因となる病気を治療して発症を防ぐことが大切です。(佐々木栄)

心臓病の悪化

高齢者の心不全…生活習慣改善で防ぐ

 心臓は、収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させています。左心室は、酸素を多く含んだ血液を全身に送り、右心室は、全身から戻った血液を肺に送る働きをします。

 心不全は心臓の筋肉が加齢で衰え、機能が低下することで起こります。動脈硬化の進行などで血管が詰まる心筋 梗塞こうそく の患者や、高血圧で心臓に負担がかかる状態が続いている人は、発症の危険性が高まります。不整脈からの心房細動、心臓の「弁」に不具合が生じる心臓弁膜症、先天性心疾患なども原因となります。心不全は様々な心臓病が悪化した最終形態とも言えます。

 主な自覚症状の一つが息切れです。左心室の働きが弱り、肺で血流が滞ることで、横になると息苦しい、せき込むなどの症状が出ます。肺に水がたまる肺水腫もみられます。もう一つは足のむくみです。右心室の機能が低下し、血液が全身に滞留するために起こります。おなかや胸の張り、肝臓の肥大もみられます。

命を脅かす

高齢者の心不全…生活習慣改善で防ぐ

 急激に悪化すると「急性心不全」となり、症状が安定すると「慢性心不全」と呼ばれる状態になります。心臓の負担を減らしたり血液の滞りやむくみを改善したりする薬で治療します。

 薬物治療での改善が難しくなると手術的な治療を検討します。心室を正常に動かすために電気刺激を送るリード(導線)を心臓内に挿入する手術や、命に関わるような不整脈がある場合には植え込み型除細動器を装着する方法があります。

 心不全は、進行度により4段階に分類されます。心臓の働きに異常はないが糖尿病や高血圧などがみられる状態は「ステージA」。心筋梗塞や心臓弁膜症を発症し、心臓が送り出す血液が減るなど心機能の異常があれば「ステージB」です。

 入院が必要な症状が出る「ステージC」からは、心不全を発症した状態といえます。多くは治療で症状が改善しますが、悪化と回復を繰り返しながら徐々に心機能が低下します。薬や手術での治療が難しくなり、入退院が頻繁になると「ステージD」になります。突然死の頻度も増えます。

高齢者の心不全…生活習慣改善で防ぐ

 ステージA、Bで適切に対処すれば発症を予防できます。禁煙や肥満の改善、運動習慣などに加え、食生活も重要です。砂糖、ベーコンなどの加工肉、マーガリンなどのトランス脂肪酸を含む食品は発症の危険性を高め、野菜や果物、魚、オリーブ油、玄米などの全粒穀物は予防につながるとされています。

 兵庫県立尼崎総合医療センター循環器内科長の佐藤幸人さんは「心不全は、発症すると5年生存率が約50%となる厳しい病気です。息苦しさや足のむくみなど、心配な症状があれば、心臓で作られるBNPというホルモンの数値を調べる検査で、早期診断や治療につなげることが大切です」と話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事