文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

感染妊婦の搬送先、保健所調整なしで救急隊が決定へ…柏の新生児死亡受け迅速化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスに感染した妊婦の救急搬送を巡り、総務省消防庁は23日、全国の消防機関に対し、各都道府県から受け入れ可能な医療機関のリストを提供してもらうよう通知すると発表した。自宅で療養していた千葉県柏市の妊婦の入院先が決まらず、新生児が死亡した問題を受けた措置。救急隊が現場で医療機関を選定できるようにして、迅速な搬送につなげる狙いだ。

感染妊婦の搬送先、保健所調整なしで救急隊が決定へ…柏の新生児死亡受け迅速化

救急出動する東京消防庁の救急車

 119番を受ける消防指令センターは現在、妊婦の搬送要請があった場合、保健所に連絡する。保健所が医療機関と調整しているが、感染拡大で他の業務に追われ、調整に時間がかかるケースが続出。今後は調整と並行して、救急隊が直接、リストを基に搬送先を決められるようにする。

 武田総務相は記者会見で「受け入れ先をあらかじめ確保することが最優先だ」とした上で、「消防機関が選定することで、迅速で円滑な搬送を図りたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事