文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

旧「こどもの城」に酸素ステーション設置、軽症の人を一時的に受け入れへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は21日、自宅療養中の新型コロナウイルス患者を一時的に受け入れる「酸素ステーション」(130床)を旧国立総合児童センター「こどもの城」(渋谷区)に設置し、報道陣に公開した。

旧「こどもの城」に酸素ステーション設置、軽症の人を一時的に受け入れへ

報道陣に公開された新型コロナウイルスに感染した軽症者に酸素を投与する「酸素ステーション」の病床(21日午後、東京都渋谷区で)=木田諒一朗撮影

 救急搬送を要請した人のうち、軽症と判断された人が対象。24時間常駐する医師、看護師が酸素を投与し、回復後に自宅などに戻ってもらうが、悪化すれば医療機関に搬送する。運用は23日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事