文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

2回目接種から14日以降に発症で「死亡・重症化ゼロ」…大阪府調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府は18日、今年3月以降の新型コロナの新規陽性者約8万5000人を分析したところワクチンを2回接種して14日以降に発症した人で、死亡や重症化したケースがゼロだったと明らかにした。府は「今後も分析を進めるが、ワクチンの効果が期待できる」としている。

2回目接種から14日以降に発症で「死亡・重症化ゼロ」…大阪府調査

大阪市内の大規模接種会場(6月7日撮影)

 3月1日~8月15日の新規陽性者8万5325人について、ワクチンの接種歴を調べた結果、接種を受けたのは2118人(2・5%)だった。このうち、2回接種後14日が過ぎ、ウイルスを攻撃する抗体ができていたとみられる人は317人いたが、死者や重症者はいなかった。

 一方、接種歴のなかった8万3207人のうち、死者は1557人(1・9%)、重症者は1984人(2・4%)だった。

 ワクチンの接種歴の違いによる新規陽性者の割合も推計した。8月2~15日の間、2回接種後14日以降に発症した人の割合は、接種歴がなく発症した人の割合の1割以下だった。この傾向は、30歳以下、40~64歳、65歳以上のどの年代でも同じだった。大阪市立大の福島若葉教授(公衆衛生学)は「ワクチンの有効性がよく表れている。ただし、接種後に感染する『ブレイクスルー感染』も一定の割合で起きており、感染拡大を抑えることが大切だ」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事