文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

抗がん剤治療は「手術の補助」で行うのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 乳がん、胃がん、大腸がん、肺がんなどでは、根治目的での手術の後、遠隔転移の予防のために、抗がん剤やホルモン療法などの薬物療法を行うことがあり、「術後薬物療法」と呼ばれます。

 手術でしこりを切除すれば済むと思っていたのに、「手術の後に抗がん剤を投与する」と言われ、ショックを受けた、という話も聞きます。「念のためにやっておきましょう」と言われて、「念のため」くらいの理由で、髪の毛が抜けるような抗がん剤治療はやりたくないと思った、という患者さんもおられます。

抗がん剤治療は「手術の補助」で行うのですか?

イラスト:さかいゆは

「ついで」「念のため」に行うものではない

 術後薬物療法は、術後補助療法と呼ばれることもあり、メインの治療である手術に対して、「ついで」に、「念のため」に、補助的に用いる治療だというイメージもあるようです。そんなイメージで受け止めていたのに、副作用がきつかったり、ホルモン療法の飲み薬を10年間も飲み続ける必要があったり、ということで、違和感を覚える患者さんも少なくありません。

 副作用による身体的・心理的負担や、経済的負担もある治療ですので、念のために、というのではなく、きちんと目的を理解し、十分に納得して受ける必要があります。

 術後薬物療法の目的を理解するためには、まず、「全身治療」と「局所治療」の違いを知ることが重要です。手術や放射線治療などは「局所治療」と呼ばれ、腫瘍やその周囲に対して大きな効果を発揮しますが、狙った場所以外への効果はありません。一方、抗がん剤やホルモン療法などを用いた薬物療法は、血液に乗って全身に行き渡り、効果を発揮するため、「全身治療」と呼ばれます。

 もし、早期がんで、病変が最初の臓器や周囲のリンパ節にとどまっているのであれば、その病変を手術で取り除く局所治療だけで病気をゼロにできるはずです。しかし、局所治療で、目に見える病変を全部取り除いた後でも、一定の割合で、遠隔転移が発生することがわかっています。早期がんの状態であっても、がん細胞は血液中を漂っていて、それが種となって遠隔転移を引き起こすと考えられています。

 全身治療は、そのような、血液中を漂っているがん細胞を根絶するために行います。塊を作った腫瘍を取り除く局所治療も重要ですし、全身に広がっている可能性のあるがん細胞をやっつけて遠隔転移を防ぐ「全身治療」も重要です。どちらの治療も、がんを根治させるのに欠かせない治療と言えます。

 局所の病変を制御するという目的に照らし、副作用などのマイナス面も考慮した上で、最適な局所治療を選ぶ必要がありますし、遠隔転移を防ぐという目的に照らして、最適な全身治療を選ぶ必要があります。局所治療と全身治療は、それぞれ重要な目的を担っていますので、どちらか一方を選ぶというものでも、一方が他方を補助するというものでもなく、それぞれの目的に照らして、慎重に治療選択をすることが重要です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事