文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

入院や死亡リスク下げる「抗体カクテル療法」、宿泊療養施設でも投与へ改定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は13日、新型コロナウイルス感染症の軽症・中等症患者向けの「抗体カクテル療法」と呼ばれる点滴薬について、宿泊療養施設でも投与できるよう規定を改定し、都道府県などに通知した。感染の急拡大で医療機関の病床が 逼迫ひっぱく する中、軽症者らに投与しやすい環境を作り、重症化を抑制する狙いがある。

入院や死亡リスク下げる「抗体カクテル療法」、宿泊療養施設でも投与へ改定

厚生労働省

 厚労省は、患者の容体悪化に対応できるよう、医師・看護師を配置したホテルなどの宿泊療養施設を、臨時の医療施設と位置づけることにした。投与中と投与後1時間は、医師が経過を観察する。一方、今回の改定では、高齢者施設や自宅での投与は認めなかった。

 抗体カクテル療法は、新型コロナの感染を防ぐ二つの中和抗体を組み合わせた点滴薬。海外の臨床試験では、入院や死亡のリスクを7割下げるなどの効果が示されている。

 発症から原則7日以内に投与する必要があるが、対象は入院患者に限られており、これまでは病院でしか使えなかった。医療関係者から「早期に使用するためには、宿泊療養中の患者などにも投与できるようにしてほしい」など、条件の緩和を求める声が上がっていた。

 東京都の小池百合子知事が13日、医師の監督下で宿泊療養する感染者に投与を始めたことを明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事